Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >1.水とともに生きる
  3. >ふるさと文化伝承館(市文化財センター)

1.水とともに生きる

御勅使川ゆかりの史跡を歩く

ふるさと文化伝承館(市文化財センター)

「ふるさと文化伝承館」が新しく生まれ変わって平成21年6月にリニューアルオープンしました。
愛称は「みなでん」
これからも皆さんとともに作り上げたい!という願いもこめて
「み・ん・な・で、み・な・で・ん」
って覚えてください!

世界的に知られる国重要文化財の「鋳物師屋遺跡出土品」をはじめ、市内の遺跡から出土した土器や石器、昔懐かしい民具などを展示しています。

当館では展示パネルを少なくし、スタッフによる展示案内などお客様とのコミュニケーションを大切にしています。不必要な場合にはお申し付けいただき、また、ご質問などはお気軽にお問い合わせいただければと思います。
なんといっても 一番の目玉はこれ!
2階展示室は旧石器時代から縄文時代の出土品で埋め尽くされています。
世界中に貸し出される「日本縄文文化の顔」鋳物師屋遺跡の出土品たちで、205点が国の重要文化財です。展示替えはしますが常に150点以上を展示していますので是非お越しください!
このMなびで紹介している遺跡から出土したもののほとんどは。ここ「ふるさと文化伝承館」で展示されています。
鋳物師屋遺跡出土 円錐形土偶(国重文)
これまでに海外の博物館に6度も貸し出されたほど、世界的に有名な土偶です。おなかの中にいる赤ちゃんを大事にいたわっている様子が表されています。
 また、火起こし体験や縄文土器の文様カード作り、土偶のお顔作りなどはいつでも予約なしで体験できますし、そのほかミニ体験コーナーや懐かしいおもちゃもあり、年齢を問わずお楽しみいただけます。

 
1階展示室は二つのブースに分かれていて、主に弥生時代以降の稲作開始以降の文化を展示しています。
また、南アルプス市の歴史を語る上で切り離すことのできない「水」との暮らし、知恵についても紹介。農具・民具も展示していますし、体験もできます
「みなでん」のロゴマークにはみなでんの展示資料が満載!
丸い枠は野牛島西ノ久保遺跡出土の和鏡を表していて、真ん中には能蔵池の守り神「赤牛さま」が微笑んでいます!
みなでんの館長は赤牛さまなのです!
五感を使って、多くの方に歴史の厚みに裏づけられた南アルプス市の魅力を知っていただけると思います。大勢の皆様のお越しをお待ちしております。

南アルプス市HPの「ふるさと文化伝承館」もご覧ください
(語り部:23年度八田小4年生)

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。

現在開催中の小笠原流礼法の展示もたいへん素敵でした。南アルプス市がその発祥の地とは素晴ら…[続きを読む]

  • momoさん(山梨県)
  • 2012/09/07

大地の記憶のパンフレット、素敵ですね。このような芸術的感覚で市内各所の歴史景観・スポット…[続きを読む]

  • momoさん(山梨県)
  • 2012/09/07

長月。伝承館・樹園への遊歩道を通ると蝉の声と落葉の交錯する風景に出合いました。長月の由来…[続きを読む]

  • momoさん(山梨県)
  • 2012/09/07