Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >3.時代を駆ける武士団
  3. >遠光・光朝及び夫人の墓

3.時代を駆ける武士団

甲斐源氏ゆかりの史跡を歩く

遠光・光朝及び夫人の墓

秋山光朝廟の敷地内にあり、中央の五輪塔が最も古く鎌倉時代初期、父遠光のものと伝わり、向かって左側が光朝、右側が光朝の妻のものと伝わります。市の文化財に指定されています。
また、五輪塔のある場所は、秋山家代々の廟所とされている場所で上の写真の五輪塔の他にも沢山の五輪等が集められています。
廟は建てかえられていますが、収められている遠光と光朝の木造坐像は市の文化財に指定されています。
館跡と廟所の間には、光朝ゆかりとされる光昌寺があります。

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。
現在このスポットへのコメントはありません。