Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >4.武田氏と家臣団の足跡
  3. >金丸氏館跡(長盛院)

4.武田氏と家臣団の足跡

戦国時代の史跡を歩く

金丸氏館跡(長盛院)

金丸氏は代々武田家に仕える家柄で、現在の長盛院の地に館を築いた。東側は崖の要害で、西側には土塁と堀がめぐらされている。四代金丸虎義の次男が武田二十四将にも数えられる土屋右衛門尉昌続、五男が土屋惣蔵。
金丸虎義は、武田信虎に仕え幼少の信玄の守り役を務めました。天正3年、長篠の戦で織田・徳川連合軍に敗れます。天正10年織田・徳川連合軍の甲斐への侵攻が始まると、主だった家臣が次々と離反、投降します。そうした家臣団の中で、金丸氏の一族は、4男金丸助六郎定光、5男土屋惣蔵、7男秋山源三は、最後まで勝頼に付き従い、天目山で討ち死にしました。

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。
現在このスポットへのコメントはありません。