Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >4.武田氏と家臣団の足跡
  3. >法善寺

4.武田氏と家臣団の足跡

戦国時代の史跡を歩く

法善寺

真言宗の寺院。武田氏の氏神武田八幡神社の別当を務め、武田氏の戦勝祈願寺でもあった。信玄が自筆し法善寺へ奉納した和歌百首は文化8年(1811)の火災で焼失したが、焼失前に筆写された木版本が残る。
池のほとりには 山梨県指定文化財の鐘楼があります。
周辺は、御勅使川扇状地の伏流水に恵まれ、古代から水田が開かれ市内でも最も遺跡の分布が濃い地域のひとつです。
法善寺の北側では起源がはるか中世以降に遡る「十日市」
が毎年開かれており、この地域が昔から人の行き交う、とても
栄えた場所であったことも伝えています。

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。
現在このスポットへのコメントはありません。