Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >時代で選ぶ - 大正
  3. >榊小学校の運動会プログラム

時代で選ぶ - 大正

榊小学校の運動会プログラム

榊小学校は、現在の南アルプス市櫛形地区上宮地に存在した小学校です。明治12年に榊村誕生とともに創設され、明治33年には榊尋常高等小学校となりましたが、昭和33年に小笠原第二小学校とともに統合されて櫛形北小学校ができ、廃校となりました。

○博アーカイブはこちら
この「榊小学校の大正5年に行われた運動会のプログラム」は、残念ながら左の三分の一が切断されて無くなっており、午前の部の途中までしか分かりませんが、右から、順に行う「演技名称」ごとに、「主目的」「学年」「回数」が列記されています。
例えば、『達磨落シ』の主目的は『沈着』、『旗送リ』の主目的は『規律、敏捷』となっており、現在行われている小学校の種目や学習のねらいとは、ずいぶんと風情が異なることがわかります。
その他、大正時代の運動会が、女子の出場種目が少なく、かけっこは男子のみであったこともわかります。
また、プログラムと同じ大正5年の榊小学校のアルバム写真を見ると、全員の子供がわだ洋服を着ておらず、着物に袴だったのを見ると、運動会の装いも洋服に靴ではなく、袴に運動足袋のようなものを履いていたことが想像できます。

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。
現在このスポットへのコメントはありません。