Mなびコース一覧
  • MなびAR App Store
  • MなびAR Google play
  • Mなびとは
  • 利用案内
  • MなびARとは

ご登録済みの会員様はこちらよりログインすることができます。

ログインID:
パスワード:

※アンケート・クイズへのご参加は会員登録が必要です。

ログインID、パスワードがわからなくなった方は、こちらにメールアドレスを入力して「再発行」ボタンを押すと、ご登録のメールアドレスへIDと再発行されたパスワードをお送りいたします。

メールアドレス:
  1. ホーム
  2. >種別・テーマで選ぶ - 産業
  3. >杉山定平商店

種別・テーマで選ぶ - 産業

杉山定平商店

杉山定平商店は、榎原の長谷寺に続くバス通り沿い、榎原上のバス停前にありました。

平成10年ごろに閉店したお店ですが、昭和時代のはじめから終わりまで、地域の多くの人々が、日常的に利用した思い出深い場所です。
 経営者だった杉山定平さんの奥さんの杉山つるこさん(大正8年生)を訪ね、貴重な写真を見せていただきながらお話を伺いました。
こちらの写真の左端で赤ちゃんを抱っこしているのが30代になったばかりのつるこさんです。

[画像:個人所有]
大正の終わりか昭和のはじめに杉山くらさんが杉山定平商店の前身となる杉山商店を開店しました。
昭和10年頃から一人娘のつるこ(大正8年生まれ)さんも手伝うようになりました。
昭和20年に徳永地区から定平さんが婿入りし、つるこさんの夫になりました。
店の戸ににもたれかかっているのが杉山定平さんです。
太平洋戦争に招集され、小笠原諸島に派遣されていた定平さんが、終戦とともに無事に戻り、昭和21年には、杉山商店と同じ場所に杉山定平商店を新装開店します。
この商店では薪等の燃料から食料品、衣料品に履物など、生活に必要なあらゆる品々を少量ずつですが幅広く取りそろえていました。

[画像:個人所有]
昭和43年頃になると息子さんが就職したので、店舗を縮小して半分を住宅にしました。
店前のみちを挟んで向かい側には、今も昔も変わらず榎原3組の道祖神があり、その横が山梨交通バス路線の榎原上のバス停になっていました。
甲府発で信玄橋を渡り、下高砂横町、榎原下(でんでん山下)、杉山商店前の榎原上、上八田のバス停があり、次に上八田経由で韮崎に行くバス路線で、多くの人が甲府駅への足として頻繁に利用していました。
杉山定平商店ではバスの切符も売っていたそうです。六科にあった笹本酒造の酒の銘柄である「笹正宗」と記されたベンチが店前にありました。
平成に入っても昔なじみのお客さんが通帳で買物ができたり、毎日通って店番しているつるこさんと世間話を楽しめるような、地域の人々にとって心癒されるつどいの場所だったそうです。

杉山定平商店は惜しまれながら平成10年頃閉店しました。

[画像:個人所有]

最新のコメント

ログインしてこのスポットへのコメントをお願いします。
現在このスポットへのコメントはありません。